勤怠管理(遅刻者の対応)

会社である程度の立場になると、どうしてもやらなければならないのが部下の勤怠管理です。特に遅刻常習者の対応に頭を痛めることが多くなります。やれ、バスが来なかった、頭が痛くなった、お腹の調子が悪くなったなど、言い訳のオンパレード。どこまで本当なのか、疑いたくなりますよね。大体どこの組織にもこういうのが一人くらいは居るものです。でも、こういうときに「お前嘘言ってるだろ」という言動をにおわせては逆効果になることが多いです。大体、企業では成果を求められるもの。毎日定時に来るけど成果が出せない人と、多少遅刻するけど成果を出す人とでは、どちらの評価が高いでしょうか。前者はただ会社にいるだけ、後者は実際に果実をもたらします。組織内でも個人の実力はある程度わかるもの。多少遅刻が多くても、同僚に一目置かれる人間には会社のルールを厳密に当てはめるとかえって長所をつぶすことにもなります。なので、頭ごなしに否定するのではなく、成果と両天秤にかけつつ対応するのがいいと思います。もちろん、成果が出なくなってきたら、対応方法を変える必要はありますが。

勤怠管理のメリットについて

社会人になって最初の仕事といえば、出社してすぐに押す勤怠管理表でした。私がお世話になっている会社は、出社時刻と退社時刻を書き込む方式になっています。入社後すぐはぎりぎりで出社していましたが、だんだんと「仕事ができる人は時間に余裕をもって出社している」ということがわかるようになってきました。そこで私もそういう人たちを見習って、余裕を持って出社するようになりました。すると、時間にも心にも余裕を持つことができるようになり、仕事をスムースにすすめることができるようになったと思います。勤怠管理はこのように、自分を見つめなおすいいきっかけを作ってくれるものだと思います。これを自分で振り返ることにより、仕事の効率にもつながっていっていると思います。勤怠を管理する、ということは、自分自身をかんりすることだと思います。

勤怠管理は多くの会社でシステム導入しています

私たちは社会人になりますと会社などで勤める方が多いのですが、これらの仕事において勤怠の管理は厳格に行われていまして、全従業員の方の出勤や退勤の時間などを会社側は把握を行い、そして給料の計算を行う事となります。これらの場合においては、定時時間以外の残業時間や或は深夜手当そして休日出勤などを行いながら対応しているのです。そして勤怠管理は多くの従業員に対して行いますので、これらを手作業で計算するのはとても無理な事なのです。そこで各社においては専用のソフトを用いるなどして対応しているのでして、これは多くの方のデータを効率よく計算して算出が出来るものとなっています。そして多くの従業員の方が日々の働いた労働時間などをもとにして、基本給や残業手当などを含んだ給与として支払われるのです。システム導入でこれらが効率的に行えます。

煩わしい勤怠管理や給与明細の管理はJ-MOTTOのWEB給与明細サービスが解決いたします! 4000社のグループウェア導入実績を誇るJ-MOTTOが開発したワークフローサービスです! グループウェアでもお手持ちのICカードでも簡単に出退勤打刻なタイムカード! 複数勤務体系設定、休暇や残業の管理申請機能を搭載した勤怠管理システムです! タイムカードをもっと便利にJ-MOTTO

Blog Home
  • アーカイブ

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  • 2016年10月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31